不動産投資で出来る相続対策のコツ

不動産投資で相続税対策を考える方も多いと思いますが、特殊な方法として不動産管理会社経営をする、というものもあります。

まずは不動産投資として賃貸住宅を購入し相続税の評価額を半分に削減します。
現金のまま相続すると全てが課税対象ですが、不動産に変えれば課税対象が半分程度まで減り相続税の減税対策になります。

不動産管理会社を設立すると3つのメリットがあります。
1つは相続人に対する所得税対策です。
不動産から得る所得が所有者1人にかかり所得税が増えるのを防ぐ為に、不動産会社を設立し家族を社員にして分配する事で、1人あたりの所得金額が減り税金の負担が減るのです。それによって節税対策となります。

2つ目は納税資金のストックで、毎月給与として分配すれば相続税をストックする役割になり税金を調達しやすくします。

3つ目は利益を家族に分配するので相続財産を減らす事になり、相続財産の増加防止効果があります。
具体的なやり方としては個人所有の物件を不動産会社に貸し付ける転貸方式があります。それから不動産管理会社が物件を所有する不動産所有方式で収入を分散する効果が高いやり方です。
もう1つは家賃の徴収は個人オーナーがやり、管理会社に管理料を支払う管理料徴収方式があります。