不動産投資をする時に確認すべき事

不動産投資をして利益を得る為には出来るだけ空き室リスクを無くしたいものです。
それには入居した人が長く住みたいと思ってもらえる物件を選ばなくてはいけません。

入居して居心地が良いと感じられる物件は長く住んで貰える訳ですから、長期的な収入が得られるという事になります。
物件を選ぶ時は長期の事を考えて設備が新しいかどうか確認する事が大切だと思います。
例えばエアコンや湯沸かし器などは最新の器具である事、バス・トイレはグレードの高い設備である事は重要です。古い設備が付いていると新しい設備に変える為に経費がかかってしまいます。

不動産投資をする場合は、築年数や建物の構造を確認する事も重要です。
築年数が古い場合はメンテナンスがきちんとされてきたかどうか確認する事が大切です。古くても外壁・屋根などのメンテナンスがしっかりとされて、上下水道の取り替えがきちんとされていれば問題はないでしょう。

手入れがされていないと屋根裏や壁の中など見えない所が劣化している場合があるので、修繕履歴、例えば領収書・見積りなど書類がしっかり保管され管理されている事を確認しましょう。
行き届いた管理をしてくれる管理会社を利用している事も重要なポイントです。